【ご案内】QIIME2解析サービスを開始しました

QIIME2の特徴
微生物群集解析の新しいプログラム「QIIME2」を使用した解析サービスを開始しました。
QIIME2ではノイズ除去機能が搭載され、より精度の高い解析結果が得られます。
QIIME2による再解析
納品データ(標準解析)
今後のご依頼について
従来の「QIIME」では、相同性の高いリードをクラスタリングして代表配列(OTU)を作成していました。
「QIIME2」ではクラスタリングを行わず、1塩基でも異なるリードは別の代表配列として扱います。そのため、相同性の高い近縁種の配列を分けて解析することができます。
また、シーケンスエラーを含む可能性のあるリードを除去し、信頼性の高いリードデータで菌叢解析を行うことができます。
過去に「QIIME」で解析を行ったデータを対象として、「QIIME2」を使用した再解析も承ります。
【QIIME2を使用した再解析】
検体数
解析費用
1~25検体
10万円/一式(税別)
26検体以上
お問い合わせください
・菌叢構成のテーブル(EXCEL/TEXT形式)
・菌叢構成のグラフ(HTML形式)
・α多様性情報(EXCEL形式)
・αレアファクションプロット(HTML形式)
※β多様性解析などのオプション解析(有償)も承ります。
今後新たに群集解析をご依頼いただく際は、QIIME/QIIME2 いずれかご希望のプログラムをお選び
いただけます(解析費用は同一です)。

弊社では「QIIME2」を標準仕様といたしますが、継続実験など、引き続き「QIIME」を使用した
解析も承ります。
※弊社以外で取得されたシーケンスデータの場合は、別途セットアップ費用が発生いたします。
[ 菌叢構成のグラフ ]
※データ解析のみの価格
北海道システム・サイエンス株式会社
〒001-0932 北海道札幌市北区新川西2条1丁目2-1
Copyright © Hokkaido System Science Co.,Ltd. All rights reserved.
微生物群集解析プラン(データ取得)